なぜ、織田信長は総兵力3000で、総兵力20,000を超える今川義元に勝てたのか?

知恵

これは、すごい〜

たった3000の兵で、20,000の兵の軍を倒すとは!

あなたは、この話を歴史で習ったことはありますか?

本当にこんな戦いがあったの?

信長すごすぎる!!

なんて、思いますよね。

この勝ち方がわかると、ビジネスでも生かせそうですよね。スポーツなどの勝負ごとにも。

では、どうやって信長は今川を倒したのか?

ポイントは3つあります。

①スピーディーに動ける騎馬隊のみを組織した

 このことにより、徒歩兵・騎馬隊を有していた今川よりスピーディーに動くことができた

②奇襲する場所・タイミングを絞った

 信長は、見通しの良い平野では行動を読み取られることを恐れ、見通しの悪く入り組んだ丘陵地帯を選んだ。そして、今川が休憩しているいるタイミングを狙った

③目的を今川の首、ただ1つに絞った

 当時は、兜首を取ることで褒賞されていたが、信長はそれを認めず、目的を今川の首のみに絞った。そのため無駄な動きがなかった

このおかげで、信長はたった3000の兵で、20,000の兵の軍を倒すことができたのです!

しかもしかも、

この作戦は、スパイが仲間の軍勢にいることも恐れ、軍議を開かなかったようです。

ここまで、やるから勝てるんですね。

いや〜参りました!

もしあなたが、どうしても勝ちたい勝負ごとがあるなら、ぜひ、ここまで戦略を立ててみてはいかがでしょうか?

全ては、勝つために!あなたの勝利を心から応援しています。

ではまた〜

参考文献はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました